NPO法人をはじめ現在はチャンピックスの服用を推進

NPO法人である日本禁煙学会は、たばこの無い社会を目指している議員や弁護士、医療従事者、市民などによって構成されています。
NPO法人日本禁煙学会は、日本最大級の禁煙推進組織となっており、たばこの被害者と考えられる喫煙者と、非喫煙者の両方を無くすための活動を行っています。
日本禁煙学会以外にもNPO法人が発足されており、日本において禁煙の流れをつくる様々な運動をしています。
日本では従来までは喫煙は習慣的なものという考えでしたが、現在では治療を行う必要性の高いニコチン依存症の病気と考えられています。
たばこによる健康被害として、がんや動脈硬化、呼吸器疾患などの発症率が高まることが知られており、現在は医療機関で禁煙治療が受けられる体制が整えられています。
医療施設の全面禁煙化などの条件を満たすことによって、禁煙治療に健康保険が適用されるようになりますので、患者の医療費の負担を削減できます。
医療機関での禁煙治療は、ニコチンガムやニコチンパッチを使用する方法が多かったですが、これらの禁煙補助剤はニコチンが含まれており、摂取量を少しずつ減らすことによって身体を慣れさせる治療法となります。
ニコチン製剤を使用した治療のアプローチとは全く異なる方法として、チャンピックスを服用する方法があります。
チャンピックスにはニコチンは含まれておらず、禁煙による離脱症状を緩和させることができる効果があるために、現在の禁煙治療の主流となっています。
禁煙を開始することでイライラの症状や、めまい、吐き気などの離脱症状に苦しめられる人が多いですが、チャンピックスを服用することでそれらの症状を軽減できます。
チャンピックスは処方薬ですので、医療機関を受診して医師の指導の下で処方してもらう必要があります。