09/21/14

チャンピックスが効かない事例

チャンピックスが効かない事例として挙げられるのは、口が寂しいという理由でどうしても煙草に手を出してしまうという理由や、気持ちの持ちようにあると言われています。

なぜそのように言われるのかというと、禁煙外来等で処方されるチャンピックスの効果に関しては、通常の場合徐々に効果が現れる物だからです。

煙草を吸わなくてもいいだけというような気持ちの持ち方をするだけでもかなり効果が出るまでの耐久意識が変わるので、気持ちの持ち方を変化させるとよりチャンピックスの効果が本格的に出るまでに喫煙してしまうというような状態を防ぐことが可能です。

尚、チャンピックスがあるからといって、それだけで煙草が止められるという認識よりは、煙草をやめる為にチャンピックスを活用するといった考え方をした方が無難な面もあり、電子煙草等で習慣的になってしまっている部分をフォローしたりする事も大切なので、チャンピックスに対して効果が無いと感じる場合には、どうして煙草が吸いたいのかという理由を個人の中で抽出してからその原因の根本的な部分から改善をするように努める事も大切なのです。

最近では禁煙用品等が多く販売されていますが、これらを活用して同時に使用すると良いとも言われています。

09/12/14

チャンピックスの効果時間

チャンピックスとは、タバコをやめない人のための禁煙薬で、従来の禁煙道具とは違い、薬のような錠剤を飲んで禁煙をするというものです。

このチャンピックスは、ニコチンではないけれど、ニコチンと似たような働きを持ちます。
これが体内に入ることでニコチンを摂取した時と同じような感覚になり満足感が得られ、タバコを吸わなくても大丈夫になるのです。

従来の禁煙ガムや禁煙パッチなどは、少量のニコチンを摂取しているのと同じなので、やめた途端にまたタバコを吸い始めるということがあったのですが、こちらはニコチンではないのでそのようなことも少ないのです。

さて、このチャンピックスの効果時間ですが、チャンピックスはニコチンよりも体内に結合している時間が長いのが特徴です。
通常、ニコチンが体内に入って結合し、分解され、その効果が薄れるのが半日ほどなのに対し、チャンピックスは体内に入ってからその半分ほどが分解されていくまでに約一日ほどかかります。
結合時間が長いことで、ニコチンが体内に結合する余地を与えず、徐々にニコチンなしの身体に慣れていくことができるのです。

チャンピックスを飲むと、ニコチンが結合できず、ニコチンでの満足感が得られないので結果タバコを止めることができます。

本気で禁煙を考える方はぜひ試してみてください。