チャンピックスの効果が出始める時期

「チャンピックス」とは、禁煙治療薬であり、禁煙によるニコチン切れ症状を軽くしたり、タバコを吸いたいという気持ちを抑える効果があります。
ここでは、もう少し詳しく「チャンピックス 効果」について、ご紹介します。
タバコを吸うと、脳内のニコチン受容体という部分にニコチンが結合して、快感を生じさせる物質であるドーパミンを放出させます。
チャンピックスは、この受容体にニコチンより先回りして結合することにより、少量のドーパミンを放出させて、イライラするといったニコチン切れの症状を軽くします。
また、ニコチンが受容体に結合することを邪魔して、喫煙=おいしいといった満足感を感じにくくさせる効果があります。

チャンピックスによる禁煙治療は、12週間が基本です。
チャンピックスの服用の仕方については、禁煙開始予定日の1週間前から、チャンピックスの服用を開始します。
服用8日目から禁煙してください。
自然にタバコを吸わなくなった場合にには、8日目を待たずに早めに禁煙に入ってください。
チャンピックスを、計12週間服用します。

チャンピックスの効果が出始める時期は、個人差はありますが1週間目からです。
服用すれば直ちにタバコが吸いたくなくなるというわけではなく、無理に我慢せず初日から7日目までは、喫煙しても構わないようになっています。
その期間に効果が出始めるために、8日目からの完全禁煙が行なえるというわけです。
ただ、初日から2週間目くらいまでは、チャンピックスの服用と並行して喫煙される方も少なくありません。
効果には個人差がありますので、2週間目まで喫煙されても、まず問題はありません。
少しずつ禁煙に慣れて行くということも、禁煙成功の秘訣です。